甲殻類・頭足類

失敗しないカニの選び方【生・茹で・冷凍で見るべきポイント】

カニの選び方で重要なのは、脱皮から半年以上経過した「堅ガニ」を選ぶこと。脱皮直後のカニは身がスカスカでミソも詰まっていません。堅ガニかどうかは甲羅の硬さや腹部の色でわかります。この記事を読むと「カニの選び方」のすべてがわかります。経験16年の料理人の視点から詳しく解説しています。
魚 刺身

【マグロの選び方】料理人がスーパーで見る5つのポイント

マグロの選び方は普通の魚と違います。大トロや中トロなどの部位ごとに、選び方があるからです。血合いや皮も外されているため、色による判別ができません。経験15年の料理人がマグロの選び方を徹底解説します。スーパーで見るべきポイント5つがわかります。
魚 刺身

刺身の「さく」の選び方【知らないと損する魚選びのコツ】

刺身の「さく」の選び方は、魚の左半身(上身)を選ぶことです。右側よりも身の質がよいから。魚は頭を左にして保管されるため、右半身は自重で押しつぶされ身が傷みます。この記事を読めばスーパーの刺身の中でもっともよいものを選べます。
魚 切り身

美味しい鮭の切り身の選び方【料理人が教える5つのポイント】

鮭の切り身はおかずの定番ですが、選び方を知っている人は多くありません。どこを見ればよいのかわからないからです。この記事の筆者は、料理人として15年間いろいろな鮭やサーモンを見てきました。その経験を活かして、美味しい鮭の切り身の選び方を解説します。切り身の品質だけでなく、鮭の種類や旬の時期についても解説しています。食卓に並ぶ機会が多いだけに、美味しい切り身の選び方はマストです。
魚全般

料理人が教える魚の選び方【目的別にチェックポイントを解説】

魚の選び方は、ひとつではありません。鮮度や脂の乗りなど、何を重視するかで見るポイントが変わります。料理人歴15年の視点で、魚一尾と切り身の選び方を解説します。鮮度や脂の乗りなど、目的別に選び方のポイントがわかります。ほとんどの魚に通用する選び方なので、普段魚を見慣れていない人にもおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました